So-net無料ブログ作成

タイルテーブルに子ども絵 [お子様の絵をタイル、絵皿に]

お子様との特別個人レッスンです。       

今日の工房はスペインタイルで図工の授業!
作者はマエストロhiromu君。工房で2度の制作のあと、3レッスンかけて作りました。
私の知る限りでは、子どもスペインタイル制作としては、国内最大だよ。(あはは、スペインでもないぞ〜)やり方は、例えば、ピカソが南フランスの陶芸工房に行ってそこの材料で自由に作った、とか、ホアンミロがカタルーニャの陶芸工房でタイルを作ったとか、、、そんなイメージで、miro=hiromu=picasoでやってみました。
この夏、子ども最大作品にチャレンジしたマエストロhiromu君。
いやはや、彼の集中力には工房生のオトナもびっくりです。
pocoも1999年ー2003年頃、東急ハンズというところのハンズ手作り教室で、や、伊丹市立工芸センターの子どもクラス、大阪近郊の小中学校でのワークショップで、彼らの作品たちに刺激を受けていましたが、
こんかいのhiromu君のように、自分からサイズも指定してきた「オオモノ」は初めてでした。
2日(3レッスン)で出来上がるのか、彼の母も私も不安な中、黙々と仕上がる作品に、pocoもどんどんイメージが膨らみました。
さて、デザインは、hiromu君の持っているTシャツ。これを、コピーしてハサミでじょきじょき。並び替えて画面に治まるようにレイアウトします。(これは、「美術部」で指導を受けた油絵静物画の配置方法です)
あとは、pocoの作品のように、大胆に!
どおだ〜〜!!
と、お盆休みに乾燥させています。焼成が楽しみだね!!!


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。